愛知県豊田市にてペットの健康診断、予防接種、去勢や避妊の手術や定期健診にも対応いたしております森田動物病院です。

ペットの病気

  • 犬の病気

  • 猫の病気

  • 小動物の病気

犬の病気

犬

皮膚の病気

主な皮膚病は、大まかに以下の通りです。

  • ノミ・ダニなどの寄生虫性皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎
  • カビによる真菌性皮膚炎
  • 細菌感染による細菌性皮膚炎
  • 内分泌異常(ホルモン性)

上記の中でも、最近は特に、アトピー性皮膚炎が多くみられます。
人のものと同じように、症状としては、顔や耳、脇、内股、足先、などの皮膚が炎症を起こして赤くなり、痒みを伴うことです。
痒みによって、その患部を舐めたり、かじったり、引っ掻いたりを繰り返します。

アレルギーの主な原因は以下の通りです。

  • ハウスダストマイト
  • 植物
  • ストレージマイト
  • ノミ・ダニ

意外にも、皆さんがよく気にされるペットフード等の食物アレルギーは原因としては、上記よりも低いのです。
また、もともとアレルギー体質を持って生まれた子は、原因が一つだけではなく、他と組み合わさってしまう場合も多くみられます。
アレルギー性皮膚炎は、体質、遺伝によることや、そして上記原因からも、回避が大変困難です。

この治療のために、しばしばステロイド剤が使われますが、正しい知識を持って、使用されれば、ステロイド剤の副作用を最低限に抑えることができます。

フィラリア症の症状

こんな症状はありませんか?

  • のどに何か詰まったものを出そうとする。
  • 食欲がなくなって、痩せてくる。
  • 散歩で少し歩くと、すぐ息が上がる。
  • お腹が異常に膨れている
  • 口や目の粘膜が白くなる
  • 赤色の尿が出る

また、フィラリアは予防ができます。
予防を開始する前には、まず感染していないかを調べるため、必ず血液検査を行います。
※予防薬には、予防効果の他に、血中のミクロフィラリアを駆除する作用もあります。
フィラリアに既に感染していた場合は、その反動でショックを起こし死亡させてしまう場合があるためです。

検査後、感染が見られなければ、毎月1回の薬で予防できます。
投薬もしくは注射による接種があります。
予防期間は、その年の気候、その地域によって異なりますが、おおよそ5月末頃から12月頭までです。
(※蚊が飛散し始める時期から数えて、感染が始まった1ヵ月後から、感染が終わって1ヵ月後までになります。)
予防期間中に、投薬を忘れないよう、気をつけて下さい。

歯の病気

歯周病

寿命が長くなり高齢犬に、歯周病が増えています。

  • 最近、どうも口臭が気になる
  • 硬いフードを嫌がる
  • 食べ方がおかしい
  • 歯茎から血が出る
  • 年齢が5歳を過ぎた

上記に該当しましたら、注意が必要です。
お口の中をよ~くチェックしてみましょう。
たとえば、歯垢が溜まっていたり、茶色い歯石が歯の表面を覆っていたり、歯茎が赤く腫れ上がったりといったことはありませんか?

歯周病については、人も歯医者さんでその治療があるように、早めの治療をして下さい。
そのまま放って置くと、歯の周りの歯垢や、歯石によって、歯茎(歯肉や歯根)が侵され、歯が抜け落ち、歯を支えるあごの骨が溶けてしまいます。
また、感染症などの全身の病気にも影響を及ぼす怖い病気です。

歯周病になりやすい犬種

  • イタリアン・グレーハウンド
  • ダックスフンド(カニヘン、ミニチュア)
  • トイ・プードル
  • パピヨン
  • ヨークシャー・テリア

上記の犬種は注意が必要ですので、予防のために毎日時間を決めて、歯を磨いてあげると効果的です。
初めは、どんな子でも歯磨きを嫌がりますが、慣れるまでは無理にせず、毎日少しずつ、根気よく練習しましょう。

ただし、歯石がついてしまった場合には取れませんので、ご来院ください。

猫の病気

猫

皮膚の病気

顎の下の黒ずみ
アゴの下をよく見てみてください。黒い汚れがこびりついていることがあります。
これは、痊瘡(ざそう)という皮膚病の一種で、猫には比較的よく見られます。
病気というほどのものではない場合も多いのですが、ひどくなると腫れ上がって出血し、痛みを伴うことがあります。
顎の下の毛穴に、皮膚からの分泌物やよごれが詰まると、このように黒い点々のように見えるので、猫のアクネとも言われますが、そこに細菌が感染すると痒みや痛みが起こることがあります。

黒いブツブツが見られたら、薄めたオキシドールをコットンにつけて汚れをそっとふき取ってあげましょう。
もしくは、ペット用の薬用シャンプーで洗浄してあげるとさらに効果がありますが、強くこすりすぎると、かえって刺激になり逆効果を与える場合もありますので注意して下さい。
細菌の感染が起こっている場合には、ご相談ください。

歯の病気

診察時口の中を見ると、歯肉が充血し、軽く触れただけで出血してしまうような症状を持った子がいます。

以下の症状はございませんか?

  • 口臭がする
  • ヨダレがよく出る
  • 歯肉の充血
  • 歯茎の出血
  • ただれている

など、口内炎の疑いがあります。
放って置くと、満足に食事が摂れなくなり、どんどん痩せ細ってしまいますので治療が必要です。

口内炎を引き起こす原因には、歯周病・歯石、骨や針等の異物、毒物、その他病気(風邪、細菌感染、腎不全、糖尿病、猫エイズや白血病による免疫力低下)によるものがあります。
このように、潜在する疾患によっても二次的に発症することが多いのです。

たかが口内炎と軽視せずに、検査をされることをお勧めします。
治療には、抗生物質や消炎剤で口腔内の環境を改善します。

猫リンパ腫・白血病

猫リンパ腫・白血病という病気をご存知ですか?
この病気は、猫白血病ウィルス(FeLV)の感染が原因とされ、リンパ系細胞が腫瘍化することによって引き起こされる悪性腫瘍です。
放置すると1、2ヶ月で死亡することが多い怖い病気です。

症状はまちまちですが、

  • 元気・食欲の低下
  • 体重の減少
  • 貧血
  • 呼吸困難
  • お腹が腫れる

がみられます。

白血病ウィルスは簡単な血液検査で調べることができます。
また、感染を予防する白血病ワクチンもあります。
リンパ腫の症状が出てしまった場合は、今のところ完全な治療法がありませんが、抗がん剤等の化学療法を組み合わせ、点滴や輸血等の対症療法が行われます。
比較的、化学療法に反応して症状の改善が見られることが多い腫瘍です。ご家族に協力をいただければ、元気な姿を取り戻せる可能性はあります。

小動物の病気

小動物の病気について

小動物は、犬や猫と比較するとペットとして飼われている歴史が長くありません。
ペットとして飼育をするようになりましたが、基本的に「野生動物」であることに変わりありません。弱肉強食の厳しい自然界と密接に関わりながら生きています。
その為、病気でも怪我であっても、それらを外敵に知られるわけにはいきません。即、命取りになりかねないからです。
したがって、何らかの不調があったとしても、症状を表に出すことはありませんから、一緒に暮らしていても、病気を初期の段階で発見することは大変困難です。
「今日は何か様子がおかしい」と気付かれた時には、既に病気はかなり進行しているとお考え下さい。
実際に当院に連れて来られた時には、すでに病気がかなり進行している子たちがたくさんいます。

診療時には、最善を尽くすと同時に、飼育環境をお聞きしながら、基本的に守らなければならないことを伝えた上で慎重に進めております。
しかし、かなりの進行が見られる場合、犬や猫の治療に比べ、致命率は高くなることを心に留めておいて下さい。
これは、初診時には重症化していること、治療方法の多くが確立されていないこと、
また、本来、野生動物の気質はデリケートであり、医療行為のストレスにより治療半ばで息を引き取ることがあることをご理解下さい。

当院によく来院する小動物たち 当院では小動物の中でも以下の動物の来院が多く、診療を重ねております。
今飼われているペットについて、下記より該当する項目をご覧下さい。
なお、各ページの情報を今後、より充実させて参りますので、「最近気になる症状がある」などあれば、一度ご覧下さい。

小動物

うさぎのよくある病気
うさぎの去勢・避妊手術

うさぎも犬や猫と同じように、去勢避妊手術を行います。
繁殖を防ぐということの他に、「病気の予防」が大きな役目です。
ホルモンによるストレスからも開放してあげることができます。
手術対象となるのは6ヶ月以上の健康な子です。
1歳を過ぎると内臓脂肪が増えるため手術のリスクが上がります。

病気を防ぐということからも、去勢・避妊手術をお考えの方はまずはご来院下さい。

毛球症

うさぎは嘔吐できない為、毛づくろいをした毛が胃腸に貯まり球状になり、胃の幽門部等を塞いでしまうことがあります。この病気を毛球症といいます。
これにより、食欲が減退する、食事そのものをしなくなる、糞をしなくなる、元気がなくなる等の症状がみられます。
毛球症の治療方法としては、薬で糞と一緒に取り除く方法がありますが、大きさの程度によっては、外科手術にて取り除く方法もあります。

不正咬合

うさぎの歯は常生歯といい、月に1cmほど永久に伸び続けますが、食事や噛む時の癖等により、正常な噛み合わせができなくなると、不正咬合になります。
エサを食べ辛そうにする、食べなくなる、よだれを垂らす等が見られたら、臼歯過長症、切歯過長症が疑われます。
唇を少し持ち上げて口内を確認してください。
不正咬合の治療方法としては、長くなった切歯・臼歯のカットをします。場合によっては抜歯をすることがあります。

その他の病気

「スナッフル」「飛節びらん(ソアホック)」「斜頸」「脱臼・骨折」「結膜炎」「ダニ」等の病気がございます。
うさぎは鳴きませんので、日ごろよく観察していただき、何かいつもと違うな、と思われたら一度診療にお越し下さい。

フェレットのよくある病気
副腎腫瘍

フェレットは、腫瘍を患いやすい動物です。
副腎腫瘍はよく見られる病気の一つです。副腎はそら豆の半分程度と小さく、腎臓の近くに左右一対ありますが、様々な体の機能を司る重要なホルモンを分泌しています。
腫瘍が形成されると、性ホルモンが過剰に分泌され、脱毛、貧血、体重の減少、メスの生殖器肥大、去勢したオスの前立腺疾患等、さまざまな症状が現れます。

副腎腫瘍の多くは、良性腫瘍ですが、癌の場合もありますので注意が必要です。
治療方法としては、外科手術により患部の摘出を考えますが、生命維持の為に一方を残して、一方を摘出します。
手術ができないと診断された場合には、内科療法を行いますが副作用があり、また、時間、コストがかかります。

ジステンパー

これは、接触感染や空気感染による犬ジステンパーが原因の疾病で、感染した場合、延命措置を取る以外に方法がありません。
症状には、発熱、目やに、鼻水等が見られ、次に、皮膚に紅疹が発生し痒みが出ます。その後、重症化し気管支炎や肺炎を起こし死に至ります。
ただし、定期的な犬用のワクチン接種により予防できます。

その他の病気

「脱腸」「腫瘍」「毛球症」「尿石症」等の病気がございます。
日ごろよく観察していただき、何かいつもと違うな、と思われたら一度診療にお越し下さい。

ハムスターのよくある病気
下痢

お尻の周辺が濡れている、ウンチが水っぽい等の症状が見られます。そのまま放置すると、脱水症状を起こして死んでしまいます。
原因には、エサ、食あたり、ウィルス、寄生虫、ストレス等が上げられます。
治療方法として、抗生剤を投与し、食事の改善をします。

ニキビダニ

ニキビダニは体毛の毛根部に寄生する虫ですが、ストレスや病気で免疫力が弱まった時に、毛が薄くなる、痒がらないのに脱毛が進む、局所的にハゲてしまう等の症状が出ます。
治療方法として、ストレスの回避、免疫力向上の為の健康補助食品を用います。ニキビダニを駆除する薬剤を投与します。

その他の病気

「不正咬合」「結膜炎」「直腸脱」「脱臼・骨折」「腫瘍」等の病気がございます。
日ごろよく観察していただき、何かいつもと違うな、と思われたら一度診療にお越し下さい。

小鳥のよくある病気
飼鳥(コンパニオンバード)の健康管理

元来、セキセイインコや、オカメインコ、小桜インコなどの鳥は熱帯地方に住み、そういった環境で生活をおくると寿命が15年になるそうです。
日本は季節があり、昼夜の寒暖が激しく、この日本では寿命が半分になってしまうと言われています。
食事においても、日本に鳥の健康を考え、その食事とお水のみで、健康を管理出来る食事とそれを作れる食事メーカーは日本にありません。
欧米から輸入されているか、従来の食事泡玉などが主流で売られているのが現状です。
そんな厳しい現状で、鳥を飼う場合、まず購入時に、出来るだけ元気で病気の可能性の無い、鳥を買う必要があると思います。

鳥を買う場合、健康な個体を見極める方法としては、

明るい部屋で、鳥かご越しに、人が見ているのを、鳥が気づけば、自分が元気である事をアピールする為、食事を食べ、体は流線型(膨羽していない)、止まり木にしっかりと止まり、元気に動き回っている、

そう出来ない個体は、病気の可能性が高いです。
食事をしっかり食べていれば、糞も見ている間に出てきます。

鳥は排泄した糞と腎臓から排泄されたオフホワイト(灰色がかった白色)の尿酸と透明の液体(尿)を一緒に出口、総排泄腔より、出しますので、下に落ちた糞の大きさ、少量の尿が正常です。
水っぽい(尿量の多い)便は異常で、その場合鳥を持たせてもらい、排泄腔周囲の汚れをみます。
その時一緒に胸筋の張り(薄いか厚いか)で栄養状態を確認できれば、より一層健康状態の把握につながります。

風邪

はじめは透明な鼻水が出ますが、進行すると、鼻水が白っぽくなり、重症化すると黄色に変化します。
原因は人と同様に、抵抗力が落ちた状態で、風が強いところ、寒暖の差が激しいところに置かれることで発症します。
治療方法として、先ずは生活環境の改善が必要です。エサは栄養価の高いものを与え、体力を回復させます。鼻水はぬるま湯で拭き取ります。そして、小鳥用の風邪薬を与えます。

そのう炎

首の付け根部分が腫れ、膨らみ、羽毛をかき分けると、充血が見られます。
また、首を上下に動かす、水をたくさん飲む、食べた餌や体液を吐く等の行動が見られます。
原因は、細菌や真菌の増殖による炎症です。新鮮なエサを与えないと発病の危険性が増します。
治療方法は細菌性のものか、真菌性のものか、寄生虫が原因のものかによって異なります。抗生物質等の薬を1週間水に混ぜて飲ませます。

その他の病気

その他にも「下痢」「便秘」「肥満」「脱臼・骨折」「腫瘍」「寄生虫」「卵詰まり」等の病気がございます。
小鳥は体の不調を隠そうとしますので、日ごろよく観察していただき、何かいつもと違うな、と思われたら一度診療にお越し下さい。

ページトップへ